ニュース&トピックス ニュース&トピックス

ホテル様向け 浴室リニューアルのご提案3

2019年05月29日

皆様こんにちわ☆

本日もホテル様向け浴室リニューアルのご提案をさせて頂きます。

浴室という空間も様々であり、今回はユニットバスについてのお話をさせて頂きたいと思います。

ユニットバスの歴史は約50年程あり、東京オリンピック・高度成長期の建設ラッシュに伴う工期短縮のためにできた商品で当時は目から鱗という優れものでした。

床・壁・天井という材料が工場で生産し、現地での組立工法で建設ラッシュの急速なスピードにも対応できました。

 

約50年前に誕生した世界初ユニットバスです(ニューオータニ)↓

 

やがてこのユニットバスも今日では当たり前になりつつあり性能も衣装性も多様化しています。

そして現在の最新ユニットバスがごちらです↓

 

現在のユニットバスをご覧いただくと正面の壁に黒色の柄が入っていますよね?

これが現在の衣装的な部分で主流になっており、一部分の壁だけ柄のある壁にすることで狭い空間でもカッコよく見え・また入浴させる方も楽しくなるような演出をしています♪

この一部分の壁だけ柄を入れることをアクセント壁と言い、様々な柄からお選びできます。

   

 

 

 

見るだけで楽しくなりますよね?(^^)

更に上記4枚の写真を見て頂くとわかられるかと思いますが浴槽横の手すりがついている壁をアクセント壁にしているものと、鏡がついている壁をアクセント壁にしている場合と2パターンにわかれてますよね?

ホテル様におかれましては各フロアでアクセント壁の柄を変えたり・どの面にするかといった形でプランさせていただくことも現在は多くご依頼頂きます。

 

例えば・・・・

↓このパターンを2階~5階の浴室         ↓このパターンを6階~9階の浴室

  

 

変化を持たせることによってリピーターの宿泊のお客様も「前回は2階で木目だったけど、今回7階に泊まると石目でまた違った雰囲気でイイネ!」ってなり、一層ファンになっていただけるのではないかと思います。

これはプロテア工法(浴室リニューア)の場合も同様で最新のユニットバスのようなアクセント壁などのご提案ももちろん可能です☆

ホテル様にとって宿泊のお客様への満足度も上がり、2020年の東京オリンピックの大きな弾みになるのではないかと思います。

水回りのプロフェッショナルだからこそできるご提案ですので、浴室リニューアルをご検討のホテル様は是非“プロテアテクノ”へご余命下さい(^^)/

全国どこでも対応可能で、低コスト・短工期が実現できる浴室リニューアルです☆

 

(北海道・宮城・福島・東京・埼玉・愛知・大阪・奈良・岡山・福岡・熊本・大分・鹿児島・沖縄・その他東北・関東・中部・北陸・関西・中国・九州)

 

 

 

プロテアシリーズは全国どこでも施工可能 お見積り無料! TEL:0120-800-993 FAX:092-915-8901
  • 施工実績
  • タキロンシーアイ株式会社
  • パーカーアサヒ株式会社
プロテアシリーズは全国どこでも施工可能 お見積り無料! TEL:0120-800-993 FAX:092-915-8901
ページトップへ